「これ、どうでもいい」と言って

 

ポイッと捨てることができたらどれだけ楽だろう。

 

こだわりが多ければ多いほど捨てるのは大変になる。

 

 

 

タイトルに惹かれて借りてきた本。

 

小池龍之介さん

 

こだわらない練習

 

「それ、どうでもいい」という過ごしかた

 

 

「それどうでもいい」という過ごし方

 

 

他人の期待にこだわらない

 

 

自分に期待されている役割。

 

それに応えるように行動する。

 

その期待に応えようとするが応えられない。

 

期待を裏切ってガッカリされる。

 

そのガッカリが怖い。

 

その怖さから自分で自分を追い込んでいく。

 

 

 

弱っていることをカミングアウトできなくなると

 

弱っていることをわかってくれる人、

 

助けてくれる人に出会えなくなります。

 

 

は〜〜〜、そういうものなのか。

 

助けて!って言えたら楽なんだけどね。

 

だから人付き合いを少なくしているんだけど。

 

 

こだわらない練習「それ、どうでもいい」という過ごしかた [ 小池龍之介 ]

こだわらない練習「それ、どうでもいい」という過ごしかた [ 小池龍之介 ]
価格:1,404円(税込、送料込)

 

 

そこを敢えてのカミングアウト。

 

結果は幻滅されて見放されるか、

 

幻滅されても関係が深まるかのどちらか。

 

 

 

幻滅されて見放されるのなら、そこまでの縁。

 

逆にそんな関係が整理されて次に進める。

 

そうやって自分の交友関係を見直してみるといい。

 

苦しい人間関係を清算できるかもしれない。

 

時には自分の期待像を壊してみるのも一興。

 

そこから何か見えるかもしれない。

 

 

 

うーーん。

 

それなら怖くない…

 

と言えない自分が悲しい。

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ